10月29日は十三夜。月を愛でて、ツキをいただく。

十五夜 2020/10/1

今では、十三夜はあまり知られなくなりましたが、来週10月29日は十三夜。

十五夜から1ヶ月後の、旧暦9月13日の夜のことを「十三夜」といいます。

十三夜のお供え物は、豆や栗。

十五夜は別名「芋名月」と呼ばれるのに対して、十三夜は「豆名月」「栗名月」と呼ばれています。

ちょうど食べごろです。

十五夜は中国から入ってきた風習ですが、「十三夜」は日本独自の月見の風習という説も。

十五夜だけの月見は「片月見」といって縁起がよくないとされてきたとか。

日本人は、昔から月を愛でるのが好きで、月待の行事を楽しんでいたようです。

月を愛でて、ツキを頂く。

十三夜も晴れたらいいですね。

そして明日、22日はJAPANサンクスギビングデー。

だいたい私は、お赤飯を炊いて頂いています。

といっても、出来合いのものなんですけど。

喜びと微笑みの瞬間がふえますように。

今日も、サンクスギビングに来てくれてありがとうございます。

十五夜 2020/10/1
十五夜 2020/10/1
月見団子 十五夜 2020/10/1
月見団子の十五夜 2020/10/1